SPECIAL

全世界1億再生を超える人気3DCGアニメ『RWBY』パネル開催
日本語吹き替え上映『RWBY VOLUME 1-3: The Beginning』第1話にファンが熱狂!

 米国 ロサンゼルス・コンベンションセンターで開催中の北米最大のアニメコンベンション「ANIME EXPO 2017」で、全世界1億再生以上を記録する、大ヒット3DCGアニメ『RWBY』のパネルトークを実施し、同作品を制作するRooster TeethよりBarbara Dunkelman、Gray Haddock、Kerry Shawcross、Miles Lunaらが登壇した。
 すでに英語版では第4シーズンまでが公開されているが、2016年の第3シーズンにつづいて、第4シーズン日本語吹替版の制作が決定したことが伝えられることが発表されると、驚きの声が上がった。
 さらに、7月7日には、既に日本語吹替版が制作されている第1シーズンから第3シーズンを、テレビ向けに再編集した『RWBY VOLUME 1-3: The Beginning』の日本でのテレビ放送が発表されると、会場を埋め尽くすファンたちからは、驚きの声とともに、制作スタッフを祝う声も上がった。
 驚きの発表はさらに続き、先程、日本語吹替版の制作が発表されたばかりの第4シーズン『RWBY VOLUME 4<日本語吹替版>』が2017年10月7日から10月20日まで、新宿ピカデリー他で期間限定のイベント上映が行われることも発表された。
 世界に先駆けて、日本語吹替版が日本でイベント上映されるのは、これまでのシリーズにもみられたことだが、発表を受けて来場したファンからは、アメリカでの上映を希望する声も上がっていた。
 この他にもルビーやワイスといった人気キャラクターたちのフィギュアや日本での漫画化などの情報も発表された。
 新たな発表の数々が驚きの声で迎えられた『RWBY』のパネルトーク。最後は、制作スタッフたちにファンが直接質問をぶつけるQ&Aコーナー。
 質問者を募ると、50人近いファンが列を作り「第5シーズンを制作する予定は?」や「制作時に苦労したことなど」といった制作に関する質問に加えて、自分のお気に入りのキャラクターをもっと活躍させてほしいといったお願いなど、様々なファンの声を聴くことができた。

page top